赤にきびの原因

赤にきびとは、比較的軽い白にきびや黒にきびを放置し毛穴内が炎症し赤くなったにきびの事を指します。

黒にきびの状態から徐々に炎症が広がるのですが、溜まった皮脂を栄養にするアクネ菌の増殖によりさらに炎症が広がります。

この段階まで悪化したにきびは、洗顔や食事コントロール等ではすぐには直りにくく、毎日のストレスなどにより悪化させる可能性もあります。

赤にきびが更に悪化すると毛穴内に膿をもつ化膿にきびとなってしまい、にきび跡やにきび痕とつながってきます。

にきび跡やにきび痕になってしまうと、自然完治は不可能に近いため、いかに赤にきびにさせないかという点に注意してにきびケアを行なっていきましょう。




←種類別にきびの原因へ戻る


(C) にきびを知りそして闘う