過剰な皮脂分泌を抑制

過剰な皮脂分泌は、にきびの出来やすい肌にするうえ、悪化させにきび跡やにきび痕などになる直接的な原因となるので注意が必要です。

余分な皮脂分泌を抑制するには、食生活と生活環境、洗顔法などを改善する必要があります。

皮脂は糖分や脂質の多い食品を多く摂取することにより分泌量が増し、忙しい労働環境やストレスによるホルモンバランスの崩れも大きな原因となっています。

睡眠不足も大きな原因のひとつで非常に重要な要素です。

女性の場合は、生理前後にホルモンバランスが乱れますのでこの時期が特に重要です。

皮脂分泌には男性ホルモンの分泌が大きく影響しているので、コントロールする必要も場合によってはあります。




←にきび予防と対策へ戻る


(C) にきびを知りそして闘う