男性ホルモンの分泌抑制

にきびの原因である過剰な皮脂分泌は、男性ホルモンの影響が強いと考えられいます。
したがって男性ホルモンの分泌を副作用なく抑制できればにきびも比較的簡単に治療できると考えられますが、想像以上に難しいことです。
ホルモンの分泌をコントロールすること自体、安全とも言えない現状です。

女性の体からも男性ホルモンはつくられており、卵巣の男性ホルモンの分泌を抑制する薬剤としては、女性ホルモンと黄体ホルモンの合剤(いわゆるピル)があり、GnRHというホルモンもあります。副腎からの男性ホルモン分泌抑制には副腎ステロイドホルモンを使用します。
コレステロールなどを多く摂取すると男性ホルモンの分泌を促進するようですので摂取を抑えるようにしましょう。




←にきび予防と対策へ戻る


(C) にきびを知りそして闘う