化膿にきびの原因

化膿にきびとは、専門的には硬結性座瘡のことで、重症の赤にきびが更に悪化した状態のにきびの事をを指します。

皮脂を栄養に増殖するアクネ菌の影響で炎症した毛穴内部が耐え切れなくなり化膿してしまうのです。
この段階では毛穴周辺の組織が真皮層まで破壊されており、痛くや痒いなどの症状も現れわれてきます。

化膿にきびの重症段階になってしまうと、たとえ治ったとしてもにきび跡やにきび痕になる可能性が非常に高いです
綺麗なハリのあるすべすべした肌を自然に再生させることが非常に難しくなります。

なるべく白にきびや黒にきびなどの初期状態で治療するようにを心がけましょう。




←種類別にきびの原因へ戻る


(C) にきびを知りそして闘う