コラーゲン生成促進

コラーゲンのケアは、皮膚の保湿力を維持するには欠かす事ができません。
ストレスや加齢によりコラーゲンが減少し肌全体の保湿力を失うと肌の代謝力が低下し、表皮にいつまでも古い角質が残ったままになり毛穴を詰まらせる原因がそろいます。
そのまま放っておくとたるみによる毛穴の開きが助長され毛穴に汚れや埃(ほこり)が落ちやすくなってしまします。


コラーゲンを食事から摂取
肉や魚にコラーゲンは多く含まれ、骨や軟骨、腱、皮、内臓などを多く摂取すると良いです。
お肉の場合であれば骨付きスペアリブや手羽先、魚であれば骨付きのヒラメやカレイなどです。
摂取したコラーゲンはアミノ酸に分解され吸収されますが再び体内でコラーゲン化する際に橋渡し役をする栄養素がビタミンCです。
ですので、コラーゲンとビタミンCを多く含む食品を同時に摂取することは非常に効果的です。


皮膚科治療でコラーゲンの生成を促進
皮膚科で行う治療にはIPLやLED(発光ダイオード)などの優しい光を使用した治療法が人気があるそうです。
痛みや副作用もないため安全に治療を受けられるのです。IPL治療のほか、イオン導入治療などがあります。




←にきび予防と対策へ戻る


(C) にきびを知りそして闘う