おでこにきびの原因

おでこにできるにきびは、10代の思春期に多いそうです。

思春期には成長ホルモンの影響で一時的にホルモンバランスが崩れた事による過剰な皮脂分泌が原因とされます。

思春期だからとか青春のシンボルだからとか言って軽視すると症状が悪化し取り返しのつかない、にきび跡になってしまいますので気をつけてください。

通常のにきび同様、過剰な皮脂は脂取り紙で適度に拭き取り、毎日の正しい洗顔でいつも清潔で新鮮な皮膚を保てるよう心がけましょう。

洗顔のし過ぎによる皮脂のとり過ぎは必要な皮脂まで除去してしまう危険性もあるので注意して下さい。
そうなると返って皮脂分泌を促進させてしまうことにもなります。




←種類別にきびの原因へ戻る


(C) にきびを知りそして闘う