正しい洗顔方法

1.洗顔前の準備
効果的な洗顔を引き出すために毛穴を開いた状態にし洗顔に備えます。
毛穴を開く事によって毛穴内の汚れや余分な皮脂ともに効果的に洗い流す事ができます。
蒸しタオルを2〜3分程度顔に載せるだけで毛穴は開きますし、入浴後にも毛穴が開いていますのでそのタイミングを考えて洗顔すると良いでしょう。
※化粧落とし後を前提としています。

2.洗顔
洗顔のポイントは使用する石鹸等の洗顔料をよく泡立てるということです。
充分に泡立てずに指をゴシゴシと強く押し当てて肌を洗顔している人がいますがこれは大きな間違いです。
これではかえって毛穴や肌を傷つけてしまいますので注意してくださいね。

3.すすぎ
ここは重要です。
意外に見落としがちなのがこの「すすぎ」です。
洗顔の準備から洗顔までちゃんとやっているのにこの「すすぎ」が不十分なためにいつまでも肌トラブルが解消しない方はたくさんいます。
すすぎは最低30回、時間にして2〜4分程度。
出来れば100回すすぎに時間を使っても良いという見解もあるようです。

4.保湿と水分補給
洗顔した場合はある程度しっとりとした肌質を維持しているとはいえ通常の保湿レベルからすると水分が不足している状態になります。
洗顔とすすぎの後には乾いた清潔なタオルで水分を拭き取った後に化粧水等を使用し充分に保湿と水分補給を肌に行って下さい。

以上が洗顔法です。

継続して行うことがとても大切です。

忙しいからと言って化粧も落とさずにそのまま朝までなんて事はやめましょう。




←にきび予防と対策へ戻る


(C) にきびを知りそして闘う