にきびの種類

にきびには、白にきび・黒にきび・赤にきびがあります。

白にきびは毛穴の詰まりから炎症したにきびが表皮に覆われ白く見えるにきびを言います。
この表皮に覆われたにきびの状態を専門用語ではコメド(面皰)と言うそうです。

黒にきびとは毛穴が開いたままの状態で毛穴につまったにきびの表面が酸化し黒く見えるにきびです。

この白にきびと黒にきびを治療せずにいじったり放置したりすることで炎症を起こすと赤みを帯びた赤にきびとなり非常に深刻な症状となります。

赤にきびは専門的には丘疹と言われるそうです。
赤にきびがさらにひどくなると火傷跡のようなケロイド状態になりますのでこの赤にきびになる前に治療しなければなりません。




←にきびの基礎知識へ戻る


(C) にきびを知りそして闘う