にきびとは?

にきびとは何か?

過剰な皮脂分泌が原因で毛穴が詰まる事による炎症のことを指します。
具体的には患部が赤く腫れたり細菌感染して膿んでしまいます。
10代ににきびが出来やすいことから「青春のシンボル」のような言われ方をしますがにきびは立派な「皮膚の病気」ですので軽く考えてはいけません。
ちなみににきびは医学用語で尋常性座瘡と言うそうです。

10代の若者のにきび発症率が高いのは時期的に皮脂が多く分泌されるからなのです。
ですから脂性肌の人は40歳になってとしてもにきびに悩まされはずです。

にきびは初期治療が成功すれば良いのですが悪化し炎症したりするとにきび跡となって残ってしまいます。

にきび跡になってしまうと自然にもとの肌には戻る、ということはないので注意しなければなりません。

若い時期のにきびは仕方ないなどと諦めるのではなく正しいにきびケアで治療するよう心がけましょう。




←にきびの基礎知識へ戻る


(C) にきびを知りそして闘う