毛穴を詰まらせる原因

毛穴を詰まらせにきびの出来やすい肌にしてしまう原因がもうひとつあります。

それは、紫外線等による外的刺激です。

本来肌というのは、適量の皮脂によりバリア膜を形成し外的刺激から肌を守っているのですが、皮脂が不足していたり、全く紫外線対策を施していない環境では、肌自身がバリア構造を築くべく表皮を厚くしようと硬く変化しはじめます。
柔軟性を失った肌は弾力性を失い古い角質が剥がれにくく代謝力の低い肌をつくってしまいます。

紫外線がにきびを悪化させるアクネ菌の分泌するポルフィリンを刺激する事で活性酸素を作り出し老化作用を促進させます。
活性酸素により皮膚細胞は傷つきますので注意が必要なのです。

なにも活性酸素は紫外線だけから作られるものではありません。
たばこの喫煙や車の排気ガスによっても作られます。

毛穴をつまらせないためには、紫外線等の対策を適切に行い、常に抗酸化対策を行う必要があります。




←にきび予防と対策へ戻る


(C) にきびを知りそして闘う